eラーニング実践演習Ⅱ

eラーニング実践演習Ⅱ

担当教員:北村 士朗根本 淳子喜多 敏博右田 雅裕松葉 龍一永井孝幸

必修/選択 必修 単位数
eラーニングコースを実際に開発する、演習科目です。
eラーニング実践演習 I の継続科目であり、実践演習 I で作成した開発計画書を基に教材開発チームや科目担当教員と教材開発を進めます。開発リーダとして、コース開発プロジェクトを進めることができるようになることを目指します。



1前   1
1後  
2前
2後  
前提科目
eラーニング実践演習I/インストラクショナル・デザインII
評価の方法

[納品1] 開発計画書一式、製作計画書の提出 (20点)

[納品2] 開発報告書(前半)の作成 (20点)
科目担当教員へ開発の進捗状況を報告するために、開発報告書を作成する(検収済みの指示書を含む)。

[納品3] 開発実施報告書の作成 (20点)
教材を完成し、科目担当教員へ納品する。教材には、開発報告書(開発一覧表、画面遷移図、 機能概要 )を含む。

[納品4] 業務完了報告書 (10点)
インターン業務を各個人で振り返り、投稿したうえで、業務完了報告書をチーム単位で提出する。インターン業務の振り返りは、開発上生じた問題点・課題および対策をプロジェクトマネージャ・インストラクショナルデザイナの立場で述べること。

内容
第1回 開発計画書一式の確認
第2回 製作計画書の作成(1)
第3回 製作計画書の作成(2)
第4回 開発マネジメント前半(1)
第5回 開発マネジメント前半(2)
第6回 開発マネジメント前半(3)
第7回 開発マネジメント前半(4)
第8回 開発マネジメント前半(5)
第9回 中間レビュー
第10回 開発マネジメント後半(1)
第11回 開発マネジメント後半(2)
第12回 開発マネジメント後半(3)
第13回 開発マネジメント後半(4)
第14回 開発マネジメント後半(5)
第15回 リフレクション

●:必修科目 ◎: 選択科目(この時期の履修を推奨するもの) ○: 選択科目(この時期の履修も可能なもの)

科目紹介

PAGETOP
お問い合わせ  |   サイトマップ
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
Copyright(c) KUMAMOTO UNIVERSITY. All right reserved