職場課題実践研究

職場課題実践研究

必修/選択 選択 単位数
本講義における「職場課題」とは、民間企業や公共団体などにおける組織学習、人材育成上の問題を「経営レベル」から捉えたものと定義します。経営レベルで捉えるとは、組織のミッションや目標を踏まえたうえで、人材育成上の問題を戦略的に位置づけることです。
本講義では、ケース分析を通して職場課題に対する人材育成施策を戦略的なレベルで研究すると共に、自社課題に対する組織学習・人材育成の視点からの解決を導くための戦略・施策を検討します。

1前   2
1後
2前  
2後  
前提科目
なし  [ただし、何らかの『職場』に継続的に所属していること]
評価の方法

[課題1]職場における課題の設定(20点)
自社の職場課題を経営レベルで分析しレポートを提出します。

[課題2-1]JAL再生のケース研究レポート(15点)
JAL再生のケースを経営レベルから分析し、人材育成を中心とした戦略・企画レポートを提出します。

[課題2-2]ネクストワールド・サミットのケース研究レポート(15点)
「ネクストワールド・サミット」のケースに関する成功要因、課題を分析し、課題対応型あるいは発展型の戦略・企画レポートを提出します。

[課題2-3]セブンイレブンVSローソンのケース研究レポート(15点)
セブンイレブンあるいはローソンどちらかの立場に立ち、競合と自社の戦略や方針の違いを踏まえたうえで、人材育成を中心とした戦略・企画レポートを提出します。

[課題3]職場課題に対する戦略・施策企画書作成(35点)
ここまで研究してきたケースも参考に、自社課題の再定義を行うと共に、自社課題解決に向けた戦略と施策を立案してレポートを提出します。

内容

第1回 組織における問題の認識

第2回 経営レベルから見た課題設定

第3回 [Case 1] JALの再生1.ケース提示・環境把握

第4回 [Case 1] JALの再生2.課題設定

第5回 [Case 1] JALの再生3.戦略・施策検討

第6回 [Case 2] ネクストワールド・サミット1.ケース提示・環境把握

第7回 [Case 2] ネクストワールド・サミット2.課題設定

第8回 [Case 2] ネクストワールド・サミット3.戦略・施策検討

第9回 [Case 3] セブンイレブン VS ローソン1.ケース提示・環境把握

第10回 [Case 3] セブンイレブン VS ローソン2.課題設定

第11回[Case 3] セブンイレブン VS ローソン3.戦略・施策検討

第12回 人材育成に関する課題の詳細分析

第13回 課題解決に向けた基本コンセプト検討

第14回 戦略・施策立案

第15回 評価と再検討

●:必修科目 ◎: 選択科目(この時期の履修を推奨するもの) ○: 選択科目(この時期の履修も可能なもの)

科目紹介

PAGETOP
お問い合わせ  |   サイトマップ
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
Copyright(c) KUMAMOTO UNIVERSITY. All right reserved