教員の研究活動

学術論文

  • 大森不二雄(2008)「学歴社会の再構築と人材の流動化―再チャレンジ可能な知識社会への見取り図―」国際教育学会『クオリティ・エデュケーション』第1巻、1.17頁.
  • 大森不二雄(2007)「国境を越える教育を含むグローバル化への戦略的対応」広島大学高等教育研究開発センター編『平成18年度文部科学省先導的大学改革推進委託:各国における外国人学生の確保や外国の教育研究機関との連携体制の構築のための取組に関する調査研究成果報告書.オランダ班』、35.47頁.
  • 大森不二雄(2007)「知識社会に対応した大学・大学院教育プログラムの開発.学術知・実践知融合によるエンプロイアビリティー育成の可能性.」熊本大学大学教育機能開発総合研究センター『大学教育年報』第10号、5.43頁.
  • Ohmori, Fujio(2007)Benchmarking Organizational Strategies in E.Learning: An antithesis to bureaucratic models of quality assurance, Paper presented at 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET2007), July 10.13, Kumamoto, Japan, pp. 616.622 of the Proceedings.

書籍

  • 大森不二雄 (2008)「高等教育の海外進出と国家―イギリスとオーストラリアの事例」塚原修一(編)『高等教育市場の国際化』玉川大学出版部、131.164頁
  • 大森不二雄 (2008)「WTO貿易交渉と高等教育」塚原修一(編)『高等教育市場の国際化』玉川大学出版部、69.94頁
  • リンク Visser, J. & Suzuki, K. (2007). Designing for the world at large: A tale of two settings. In R. A. Reiser, & J. V. Dempsey (Eds.), Trends and issues in instructional design and technology (2nd Ed.). Pearson Education,234-244 (Chapter 23).

国際会議

  • Yoshifumi CHISAKI, Kawano Sho, Nagata Kyoko, Matsuo Kotaro, Nakashima Hidetoshi and Tsuyoshi USAGAWA : Azimuthal and elevation localization of two sound sources using interaural phase and level differences, The Acoustical Science and Technology, Vol.29, No.2, pp.139.148, March 2008.
  • Linda Indrayanti, Yoshifumi Chisaki, Titon Dutono, and Tsuyoshi Usagawa On Segmental Errors in Indonesian Language as a Second Language Proc. 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, No.112 (CDROM), pp.1.4.2007.7
  • Junya Watanabe, Kimiko Yamakawa, Kousuke Umeda, Yoshifumi Chisaki and Tsuyoshi Usagawa An Utterance Training System for L2 Learners of Japanese, Implemented on Moodle Proc. 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, No.91 (CDROM), pp.1.5.2007.7
  • Suzuki, K. & Keller, J. M.(2007). Proposing a Layer Model for e.Learning Design. A paper presented at ICBL 2007, International Conference on Blended Learning, Florianopolis, Brazil, May 07 . 09, 2007
  • Yoshifumi Chisaki, Kotaro Matsuo, Katsumori Hagiwara, Hidetoshi Nakashima and Tsuyoshi Usagawa Real.time processing using the frequency domain binaural model Applied Acoustics, Vol.68, No.8, pp.923.938 2007.5
  • L. Indrayanti, N. Iriguchi, T. Dutono and T. Usagawa, "A Curriculum Ensuring Information Literacy (IL): An Indonesian.Japanese Institutional Mission." INFORMATION 10(6) 2007
  • Toshihiro Kita, Sonification of Bifurcation and Chaos.Proc. ICICIC2007 (Second Int. Conf. on Innovative Computing, Information and Control, Kumamoto, Japan) A14.04, ICICIC.2007.IS 13.004, (2007)
  • L. Indrayanti, N. Iriguchi, T. Dutono and T. Usagawa," A Learning Management System to Support Face.to.Face Reaching." International Seminar on ICT, Manado, 2007
  • N. Iriguchi, " Protection of Your Intellectual Property Rights in the Field of Agro.Fishery and Tourism." International Seminar on ICT, Manado, 2007
  • S. Fujimoto, R. Matsuba, & K. Arai , Lthium Production on a Low.Mass Secondary in a Black Hole Soft X.Ray Transient The Astrophysical Journal 673, pp. L51.L54
  • Ryuichi Matsuba, Hiroshi Nakano, Sachi Takahashi, Toshihiro Kita, Kenichi Sugitani, Masahiro Migita, Shirou Kitamura, Norio Iriguchi, Yasuo Musashi,Kazutaka, Tsuji, Takeshi Kida, Masaru Shimamoto, Tsuyoshi Usagawa, 2007, Development of On.Line Test Materials with a Checklist for Information Literacy Education,Proceedings of E.Learn 2007, pp. 119.123.
  • Tsuyoshi Usagawa, Masahiro Naganishi, Toshimichi Takada, Yoshifumi Chisaki, Masano Ebata,TWO DIMENSIONAL DOA ESTIMATION BASED ON OBJECT RELATED TRANSFER FUNCTION FOR THE INTEGRATION WITH SECURITY CAMERA.Proc. 19th Interntaional Congress on Acoustic( ICA2007), pp.1..6 (CDROM), No. ELE.03.001, :wMadrid, Spain, 2007.9
  • Tsuyoshi Usagawa, Hiroshi Nakano, Norio Iriguchi, Kenichi Sugitani. IT LITERACY ACQUISITION COURSES DESIGNED FOR UNIVERSITY AND COMMUNITY SUPORTED BY GOOD PRACTICE PROGRAM Proceedings of 5th Int. Conference on Emerging e.learning Technologies and Applications (ICETA2007), pp.1.8 (CD.ROM), The High Tatras, Slovakia, (Invited Paper)2007.9
  • Ryouji Kawano, Yoshifumi Chisaki, and Tsuyoshi Usagawa On Bit Rate Reduction of Inter.channel Communication for Binaural Hearing Assistant System Proc. 2007" Japan.China Joint Conference on Acoustics, P.1.10, pp.1..6 (CD.ROM)2007.6
  • Masahiro Naganishi, Toshimichi Takada, Ryuichi Kohzawa, Yoshifumi Chisaki, and Tsuyoshi Usagawa Development of an Automatic Measurement System of Object Related Transfer Function for Small Object Proc. 2007" Japan.China Joint Conference on Acoustics, P.1.8, pp.1..6 (CD.ROM)2007.6

ICICIC2007 (Second Int. Conf. on Innovative Computing, Information and Control)(September 5.7, 2007, Kumamoto, Japan)

  • Toshihiro Kita: Sonification of Bifurcation and Chaos, Proc. ICICIC2007 (Second Int. Conf. on Innovative Computing, Information and Control, Kumamoto, Japan) A14.04, ICICIC.2007.IS 13.004

ITHET 2007

  • Muhammad Wannous, Hiroshi Nakano, Toshihiro Kita and Kenichi Sugitani, Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET 2007), Kumamoto, Japan, July 10.13, pp.196.199 (2007)
  • R. Matsuba, T. Shimura, H. Nakano, & T. Nishiyama. University.wide e.Learning Strategies ."Institute for e.Learning Development",The 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET 2007), Kumamoto, Japan,CD.ROM
  • Mitsuo Tsukamoto, Yoshiko Matsuda, Shirou Kitamura, Maya Idegami, Kazumi Matsuzawa, 2007el.kokoro Learning Program for Health Education of Heart and Body. ITHET 2007, The 8th International Conference on Information Technology Based Higher Education and Training, Japan, July 10. 13, 2007.pp.142
  • Masato Toyonaga, Hiroshi Nakano, Norio Iriguchi and Katsuaki Suzuki(2007)Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET 2007), Kumamoto, Japan, July 10.13, pp.103.108
  • Yuuichi Sugi, Toshihiro Kita, Seisuke Yasunami, Hiroshi Nakano(2007)Improvement of a cloze question creating tool for Moodle, Information Technology Based Higher Education and Training (ITHET 2007), Kumamoto, Japan, July 10.13, pp.48.51

IEEE.CME, Peking 2007

  • M. Murao, T. Miyamoto, M. Migita, K. Ogawa, H. Akiyama, T. Usagawa and N. Iriguchi, "A Resonator for a Wrist.Sized 0.2T Permanent Magnet MRI Machine." IEEE.CME, Peking 2007
  • T. Miyamoto, N. Mizuuchi, T. Moroi, K. maruyama, M. Migita, K. Ogawa, T. Usagawa, H. Akiyama and N. Iriguchi, "A Coaxial Combination of Slotted.Tube Resonators for Magnetic Resonance Imaging." IEEE.CME, Peking 2007
  • T. Moroi, N. Mizuuchi, K. Maruyama, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "3D.imaging of the Liver by Free.Breath SPACE with a 3.0T MRI System." IEEE.CME, Peking 2007
  • T. Moroi, N. Mizuuchi, K. Maruyama, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "Abdominal T2.Weighted Imaging by Free.Breath PACE with a 3.0T MRI System." IEEE.CME, Peking 2007
  • N. Mizuuchi, K. Maruyama, T. Moroi, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "Two.Dimensional Susceptibility.Weighted Imaging (2D.SWI) of the Abdomen at 3T." IEEE.CME, Peking 2007
  • N. Mizuuchi, K. Maruyama, T. Moroi, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "MR Imaging of the Nerve Root of the Lumber Vertebra with a 3T High Field Machine." IEEE.CME, Peking 2007
  • K. Maruyama, N. Mizuuchi, T. Moroi, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "High.Sensitivity Combined Method for the Human Prostate at 3.0T: Diffusion.Weight Imaging and TE.Optimized 3D 1H.MR Spectroscopy." IEEE.CME, Peking 2007
  • K. Maruyama, N. Mizuuchi, T. Moroi, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "Non.Invasive 3.0T MRAngiography of Peripheral Arteries and Veins Using 3D.HASTE." IEEE.CME, Peking 2007
  • K. Maruyama, N. Mizuuchi, T. Moroi, C. Imura, I. Isobe, T. Usagawa and N. Iriguchi, "1H.MR Spectroscopy and Diffusion.Weighted Imaging of the Human Prostate at 3.0T Using Body Arrayed Coils." IEEE.CME, Peking 2007

学会発表

  • 藤本信一郎・松葉龍一・荒井賢三(2008)「ブラックホールX線連星の伴星表面における軽元素合成」日本天文学会2008年春季年会 予稿集 J.39b
  • 荒井賢三・宮野順子・松本吉弘・松葉龍一・藤本信一郎(2008)「活動銀河NGC4258における水分子形成」日本天文学会2008年春季年会 予稿集 S.21a
  • 清水康敬・尾崎史郎・水島和夫・児玉晴男・末吉亙・岸本織江・鈴木恒雄・中野裕司(2008)「ICT活用教育における著作権」、NIME研究報告第35号 ISSN:18802192「8.インラインフレームや埋め込み等による他サイトの活用」62.70
  • 井ノ上憲司・中野裕司・喜多敏博・松葉龍一・鈴木克明(2007.12)「オンラインVOD演習環境の開発と実践」第7回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会予稿集(福井県国際交流会館)
  • リンク 市川尚・高橋 暁子・鈴木克明(2007.12[PDF])「統合型ドリルシェル「ドリル工房」の知的技能への対応」『日本教育工学会研究報告集』 195-200 学会発表
  • リンク 市川尚・鈴木克明(2007.12[PDF])「AIDツールに関する研究のレビュー(2)」『日本教育メディア学会研究会論文集』27-32 学会発表
  • 永田京子・今村浩二郎・中島栄俊・苣木禎史・宇佐川 毅(2007.11)「周波数領域両耳聴モデルを用いた音源方向推定の精度に関する検討.正面ならびに側方における精度推定.」電子情報通信学会技術研究報告Vol.107, No.316, EA2007.74, pp.7.12.
  • 長西将弘・荒木潤一・苣木禎史・宇佐川 毅 (2007.11)「音響情報により捕捉した画角外音源の追跡機能を備えた監視カメラシステムの構築に関する検討」電子情報通信学会技術研究報告Vol.107, No.316, EA2007.73, pp.1.5.
  • 荒木潤一・長西将弘・苣木禎史・宇佐川毅(2007.10)「視聴覚情報を用いた画角外音源に対応可能なカメラシステム」音響学会九州支部学生のための研究発表会、29.32
  • Linda Indrayanti, Yoshifumi Chisaki, Tsuyoshi Usagawa.(2007.10)IMPROVE SEGMENTAL EVALUATION USING SYLLABIC FILLERS IN INDONESIAN ISOLATED WORD RECOGNITION 音響学会九州支部学生のための研究発表会, pp.61.64
  • Linda Indrayanti・Yoshifumi Chisaki・Tsuyoshi Usagawa(2007.9)Indonesian Isolated Word Keyword Spotting Based on Syllabic Fillers 日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集, pp.215.216
  • 松尾光祐・山川仁子・苣木禎史・宇佐川毅(2007.9)「非日本語母語話者コーパスに基づく音響モデルによる発音誤り検出」日本音響学会2007年秋季研究発表会講演論文集287.288
  • 本田奈津美・Linda Indrayanti・苣木禎史・宇佐川毅(2007.9)「インドネシア語CAPTシステムのための音声認識性能に関する検討 .非母語話者発話の聴取評価との比較.」電気関係学会九州支部連合大会p.42
  • 市川尚・鈴木克明(2007.9)「教授トランザクションに基づく教材シェルのオーサリング環境の開発」『教育システム情報学会第32回全国大会講演論文集』 196.197
  • リンク 市川尚・鈴木克明(2007.9[PDF])「AIDツールに関する研究のレビュー(1)」『日本教育工学会第23回講演論文集』719-720 学会発表
  • 苣木禎史・長西将弘・高田俊亨・神澤龍市・宇佐川毅(2007.6)「小型物体のための object related transfer function 自動測定装置」電子情報通信学会技術研究報告、Vol.107, No.120, EA2007.27, pp.1.6.
  • リンク 市川尚・鈴木克明(2007.5) 「教授トランザクション理論に基づく教材シェルの実行環境の開発」『教育システム情報学会研究報告』22(1), 31-36 論文
  • 中野裕司・宮崎誠・井ノ上憲司・根本淳子・松葉龍一・喜多敏博・久保田真一郎・鈴木克明(2007)「SakaiによるWebポートフォリオ構築と他システムとの連携」第1回 Ja Sakai カンファレンス オンライン
  • 松葉龍一・喜多敏博・右田雅裕・杉谷賢一・中野裕司・入口紀男・武藏泰雄・北村士朗・根本淳子・宇佐川毅(2007)「情報基礎教育におけるオンライン確認テストの教育効果」第56回 九州地区大学一般教育研究協議会139.144
  • 松葉龍一・高橋幸・根本淳子・北村士朗・喜多敏博・中野裕司・鈴木克明(2007)「オンライン学習者のためのオンラインによるオリエンテーション科目の実施情報基礎教育オンラインテスト改善のためのチェックリスト作成」第14回大学教育研究フォーラム予稿集
  • 松葉龍一・北村士朗・喜多敏博・高橋幸・右田雅裕・根本淳子・杉谷賢一・中野裕司・入口紀男・武蔵泰雄・木田健・辻一隆・島本勝・宇佐川毅(2007)「情報基礎教育オンラインテスト改善のためのチェックリスト作成」第23回日本教育工学会全国大会講演論文集909.910
  • 中野裕司・北村士朗・喜多敏博・松葉龍一・井ノ上憲司・入口紀男・宇佐川毅・杉谷賢一・右田雅裕・武藏泰雄・志村友行・根本淳子・鈴木克明(2007)「 WebCT CE6のeラーニング大学院での活用事例」第4回WebCT研究会
  • 松葉龍一・高橋幸・根本淳子・北村士朗・喜多敏博・中野裕司・鈴木克明(2007)「オンライン学習者のためのオンラインによるオリエンテーション科目の実施」第14回大学教育研究フォーラム発表論文集,pp. 88.89.

第5回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会

  • 荒井賢三・宮野順子・松本吉弘・松葉龍一・藤本信一郎(2007)「自己重力優勢な降着円盤」第113回 日本物理学会九州支部会 予稿集 A.20 活動銀河NGC4258における水分子形成日本天文学会2008年春季年会 予稿集 S.21a
  • 宮野順子・松本吉広・荒井賢三・松葉龍一・藤本信一郎(2007)「水素分子冷却を加味した降着円盤モデル」第113回 日本物理学会九州支部会 予稿集 A.18
  • 宮野順子・松本吉広・荒井賢三・松葉龍一・藤本信一郎(2007)「活動銀河中心における降着円盤での水素分子による冷却」日本天文学会2007年秋季年会 予稿集S.13b
  • 井原健・折田充・齋藤靖・高橋幸・村里泰昭(2007)「英語学習における自律度、自信度、学習時間および英語習熟度の関係」大学教育年報 第11号(熊本大学大学教育機能開発総合研究センター)9.26.
  • 中野裕司(2007)「商用LMSとオープンソースLMSの連携」第7回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会予稿集
  • 喜多敏博・池上敬一(2007)「シミュレーション医学教育におけるeラーニングでの教育支援 .ハワイ大学の場合 .」第39回日本医学教育学会大会、02.16
  • 松葉龍一・宇佐川毅・杉谷賢一・中野裕司・喜多敏博・右田雅裕・武藏泰雄・入口紀男・辻一隆・木田健・島本勝(2007)「オンラインテストの成績推移にみる教科「情報」の成果」情報教育研究集会 pp.515.516
  • 喜多敏博・池上敬一(2007)「ハワイ大学医学教育センターにおけるシミュレーション医学教育とLMS」第5回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会
  • 杉谷賢一・喜多敏博・中野裕司・宇佐川毅(2007)「熊本大学学務情報システム(SOSEKI)の特色GPによる改善」第5回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会、9.12
  • 中野裕司・喜多敏博・杉谷賢一 (2007)「オンラインActionScript演習ツールの開発」、第5回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会、29.32

第7回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会

  • 中野裕司・喜多敏博・杉谷賢一・松葉龍一・右田雅裕・武藏泰雄・入口紀男・宇佐川毅(2007)「オンラインJava applet演習環境の開発と実践」第91回コンピュータと教育研究会、5.10
  • 松葉龍一・杉谷賢一・中野裕司・喜多敏博・右田雅裕・武藏泰雄・入口紀男・北村士朗・宇佐川毅・辻一隆・木田健・島本勝(2007)「情報基礎教育における実践的セキュリティ教育 .1年生1,800人全員がLinux上でApacheを起動.」情報教育研究集会、448.449
  • 竹村治雄,・梶田将司・仲林清・中野裕司・美濃導彦(2007)「教育の情報化とオープン化」(パネリスト・招待)第7回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会、pp.xviii
  • 中野裕司(2007)「商用LMSとオープンソースLMS」(招待講演)、第7回情報処理学会教育学習支援情報システム研究会 特別企画「大学における教育情報化とオープン化の動向」、pp.xvii

その他

■ 喜多敏博, 「熊本大学はなぜeラーニング推進機構を作ったか」, 第二回山口大学eラーニング研究会, 3月19日招待講演 (2007)
http://www.cc.yamaguchi-u.ac.jp/osirase/e-Learning/20080319.phtml

■ 喜多敏博, 「教育・学習環境はeラーニング導入でどう変わるか ~熊本大学の場合~」, 第5回 長崎大学 大学教育機能開発センター シンポジウム, 3月28日招待講演 (2007)
http://www.redc.nagasaki-u.ac.jp/sympo/2007/5th/

■ 江川良裕(監修) 『ロジカル・プレゼンテーション ~納得・合意を得て相手を動かす技術~』(ビデオ・プログラムおよびテキスト・ブック) レビック・グローバル, 2008

■ 江川良裕(監修) 『仮説の確度があがる ロジカル・シンキング』(ビデオ・プログラムおよびテキスト・ブック) レビック・グローバル, 2008

■ 中野裕司, 「熊本大学におけるeラーニングへの取り組み」, 長岡技術科学大学eラーニング研究実践センター CeRAニュース「e学び」 No.15 (2007)

■ 中野裕司, 「eラーニングと自主性,授業支援から遠隔教育まで ~熊本大学の事例から~」, 長崎大学情報メディア基盤センターe-learning セミナー, 11月2日招待講演 (2007)