専攻の研究活動

学術論文

  • Nemoto, J., Kubota, S., Migita, M., Nagai, T., Kitamura, S., Kita, T. &, Suzuki, K. (2010). Design.Based Research of Authentic Learning: Lessons Learned From Improving an Online E.learning Specialist Graduate Program. The Journal of Information and Systems in Education, 9 (1), 57.68

書籍

  • リンク J.M.Keller 著, 鈴木克明 監訳(2010)「学習意欲をデザインする : ARCSモデルによるインストラクショナルデザイン」北大路書房

国際会議

  • Nemoto, J., Kubota, S., Migita, M., Matsuba, R., Kitamura, S., Kita, T. & Suzuki, K. (2010). Design of Authentic Learning: A Challenge in E-learning Specialist Graduate Program. In Proceedings of Global Learn Asia Pacific 2010 (pp. 1237-1242). AACE.  学会発表

Global Learn Asia Pacific 2011

  • リンク Suzuki, K. (2011, March) Quality Assurance of an Online Graduate Program in Japan: A case of Kumamoto University’s Graduate School of Instructional Systems. A paper presented at Global Learn Asia Pacific 2011, Melbourne, Australia, organized by Association for the Advancement in Computing in Education (AACE). 学会発表 予稿

ICoME 2010(July, 2010, Kumamoto, Japan.)

  • Suzuki, K., Nemoto, J., Goda, Y., (July, 2010). Research Trends related to Keller’s ARCS Model: A Review of Literature in Japan. A paper presented at ICoME 2010 (International Conference on Media in Education) , Kumamoto, Japan.

学会発表

日本教育工学会第26回全国大会

  • リンク 久保田真一郎・杉谷賢一・入口紀男・喜多敏博・北村士朗・武藏泰雄・松葉龍一・永井孝幸・右田雅裕・中野裕司(2010.9) 「公開型自己モニタリングを利用したオンライン講義の実践」日本教育工学会第26回全国大会(金城学院大学)発表論文集791-792 学会発表

日本教育工学会第26回全国大会

  • リンク 根本淳子・鈴木克明(2010.9) 「オンライン大学院による実践演習科目の改善とデザイン原則」日本教育工学会第26回全国大会(金城学院大学)発表論文集63-66 学会発表
  • リンク 鈴木克明・根本淳子・合田美子・コザルカティファニー(2010.9) 「インストラクショナルデザイン専門家職能に関する調査」日本教育工学会第26回全国大会(金城学院大学)発表論文集625-626 学会発表

教育システム情報学会第35回全国大会

  • リンク 根本淳子・鈴木克明(2010.8) 『オンラインでの学びを準備するオンライン・オリエンテーションの分析―「学習者個人に関わる要因」4要素を用いて―』教育システム情報学会第35回全国大会(北海道大学)発表論文集95-97 学会発表

情報学会第35回全国大会

  • 鈴木克明・根本淳子・合田美子(2010.8) 「我が国におけるARCSモデルを巡る研究動向」教育システム情報学会第35回全国大会(北海道大学)発表論文集99-100 学会発表

申し訳ありません、このコンテンツはただ今 English のみです。