熊本大学大学院教授システム学専攻
目次:
【第2回】電子メールの基本動作
第1章
第3章
第4章
第5章
現在の場所: ホームページ > [1]情報リテラシー > 【第2回】電子メールの基本動作 > 第3章 > 電子メールソフト(Seemit)のインストール

電子メールソフト(Seemit)のインストール

【本節の目的】
Seemitをインストールすることです。
(註)インストール:プログラムをPCにコピーし、利用できるようにすること

Seemitを利用する上での注意

Seemitを学内から利用する場合(情報基礎の授業で、実習室PCを利用する場合)、メールアドレスやメールサーバ等の情報を自動で設定する機能があります。
学外から利用する場合、それらの情報は自分で設定することになります。

Seemitをインストール(学内の実習室PCを利用する場合)

Seemit は、本学の総合情報基盤センターで開発したメールソフトです。
情報教育用に特化した初めてのメールソフトで、初心者にやさしい機能や、 メール送受信の仕組みを学習する機能などをもっています。
(註)Seemitを必ずしもインストールする必要はありません。日常利用しているメールソフトを利用して、大半の操作は可能です。


【演習 1】

Seemitを「マイ ドキュメント」にインストールして下さい。(インストール先は各自の判断で変更して下さい。)


Seemit をダウンロードできるページは こちら(http://seemit.info/KU/download/) です。
  1. 上記URIにアクセス(上記リンクをクリック)し、 「最新版のダウンロードはここをクリック」をクリックし、 「デスクトップ」に保存する






  2. デスクトップに保存された「Seemit123K...」をダブルクリックし、 現れたウィンドウで、解凍先を確認して、 「OK」をクリックする。

  3.     

  4. デスクトップに「Seemit」のアイコンが現れるので、 それをダブルクリックする


  5. しばらくすると「自動設定を行いますか?」と尋ねられるので、 「はい(Y)」をクリックし、「設定しました!」と表示されたら、 「OK」をクリックする

  6.     

  7. デスクトップある「Seemit123K...」は不要なので、ゴミ箱に入れる

  8.     

VIDEO
[動画]インストール (70秒)
左図をクリックすると,音声付き動画での説明を見ることができます。 (但し、音声を聞くためにはイヤフォンが必要です。)

※音声を聞くためには、PCにRealPlayerがインストールされている必要があります。

Seemit(シーミット)のインストール方法について説明します。 まず,Seemit ダウンロードのページの 最新バージョン(簡易インストーラ形式)のファイルをクリックします。 すると,このような(保存先を選ぶ)ウィンドウが現れますので, 「デスクトップ」をクリックしてから「保存」をクリックします。

すると,デスクトップに「Seemit」というアイコンが現れますので, ダブルクリックします。 このような(インストール)ダイアログが現れますので, 「OK」をクリックします。

これでインストールの完了です。 インストールに使ったファイルは不要ですので, 「ごみ箱」に捨ててしまって構いません。 これで終りです。


電子メールアドレスとSeemitの設定

電子メールアドレスの形式は、

041k2345@st.kumamoto-u.ac.jp

のようになっており、 @ (アット マーク)をはさんで、 前半をアカウント部
後半をドメイン部と呼びます。 これらは,すべて半角文字で書きます。
(*)Seemit のメールアドレスの拡大表示では、 全角文字が入っていると赤字で示されます。

一般に電子メールソフトを利用する際には、 最初に、 自分のメールアドレスやメールサーバの情報等を設定する必要があります。 Seemitは、 これらの設定を自動的に行なう機能を有していますので、 すぐに利用できます(便利でしょう(^_^))。 実際に、前節の4.でそれを行ないました。
(*)ただし、この機能は、実習用PCを使ったときのみ有効です。


【演習 2】

Seemitの「設定」で自分の電子メールアドレスを確認し、記憶して下さい。

  1. Seemitの「編集」メニュー中の「設定」を選択してください。


  2. 表示されたウィンドウの内容を確認し、電子メールアドレスを記憶してください。



Seemitをインストール(学外の場合)

Seemit は、本学の総合情報基盤センターで開発したメールソフトです。
情報教育用に特化した初めてのメールソフトで、初心者にやさしい機能や、 メール送受信の仕組みを学習する機能などをもっています。
(註)Seemitを必ずしもインストールする必要はありません。日常利用しているメールソフトを利用して、大半の操作は可能です。


【演習 1】

Seemitをダウンロードしてください。


Seemit をダウンロードできるページは
http://seemit.info/download/(一般向け)
です。
  1. 上記URIにアクセス(上記リンクをクリック)し、「Seemit123.zip」をクリックして、「Seemit123.zip」を保存する






  2. 保存した「Seemit123.zip」を解凍すると、「Seemit」というフォルダが出てきます。






電子メールアドレスとSeemitの設定

電子メールアドレスの形式は、

041k2345@st.kumamoto-u.ac.jp

のようになっており、 @ (アット マーク)をはさんで、 前半をアカウント部
後半をドメイン部と呼びます。 これらは,すべて半角文字で書きます。
(*)Seemit のメールアドレスの拡大表示では、 全角文字が入っていると赤字で示されます。

一般に電子メールソフトを利用する際には、 最初に、 自分のメールアドレスやメールサーバの情報等を設定する必要があります。 Seemitは、 これらの設定を自動的に行なう機能を有していますので、 すぐに利用できます(便利でしょう(^_^))。
(註)ただし、この機能は、実習用PCを使ったときのみ有効です。


【演習 2】

Seemitの設定を行ってください。

  1. Seemit.exe ファイルを起動してください。初回の起動時に設定画面が表示されますので、メールアカウント等の設定を行ってください。


  2. ※Seemitの「編集」メニュー中の「設定」を選択することで、変更することができます。

  3. 表示されたウィンドウに、自分のメールアドレスやメールサーバの情報等を設定してください。


Copyright Toshihiro Kita and Kenichi Sugitani 2005, All Rights Reserved