都竹 茂樹(つづくしげき)

都竹 茂樹(つづくしげき)

教授システム学専攻 教授
1966年生まれ。医師(高知大学)、医学博士(名古屋大学大学院)、公衆衛生学修士(ハーバード公衆衛生大学院)および、修士(熊本大学教授システム学)。国内外の研究所を経て、2007年より高知大学医学部公衆衛生学教室准教授、2011年より現職。ヘルスプロモーション、トレーニング科学を専門とし、現職では、社会人向け生涯学習のプランニングやIDモデルを活用した生活習慣病予防改善プログラムの開発等を行っている。 ウェブサイト[ http://www.cps.kumamoto-u.ac.jp/syogaigakushu/gakusyujin/staff_tsuzuku.php

教員として

私のリサーチインテレストは、「どうすれば人はその気になるのか?」、「どうすれば人は継続できるのか?」。主にメタボリックシンドロームの予防改善を題材に、「その気にさせる仕掛け」や「続ける仕組み」づくりに取り組んでいますが、この2つはどの分野にも不可欠な要素です。ぜひ一緒により良い方法を考えて、仕事に学びに活かしていきましょう!!

研究者として

「人の行動を変えるのはほとんど不可能!!」。これは私が大学院の時に、教授から言われた一言です。衝撃的でした。 それ以来、私は「どうすれば人はその気になるのか?」、「どうすれば人は継続するのか?」、そして「どうすれば結果を出せるのか」という課題に真剣に取り組むようになり、その過程で出会ったのがIDです。現在は職域や地域、予防医療の現場において、IDを取り入れて、主に生活習慣病や寝たきりの予防改善プログラムの構築、それらに携わる人材の育成などに取り組んでいます。 しかしIDは疾病の予防改善だけでなく、使い方次第ではどの分野の課題解決にも役立つツールです。皆さんのバックグラウンドは様々だと思いますが、日々課題の解決に悶々としている方、ぜひ本専攻を検討してみてください。