FD活動支援室

設置の趣旨
 「FD活動支援室」は、組織再編成により令和元年度に設置された。文部科学省教育関係共同利用拠点に選ばれたことを契機に、熊本大学FD憲章に基づき本学のFD活動の支援を担うことを目的としたもので、本学のFD活動推進母体である大学教育統括管理運営機構との連携関係を確立した。2つの事業部門を有することに より、本センターの研究成果を学内外に発信し、大学等における教育実践を具体的に支援する両輪が揃った。

 

主な活動
 FD活動支援室は、本学のFD憲章に基づき、大学教育統括管理運営機構が統括するFD活動の推進、人材養成のニーズに対応した教育プログラムの開発・展開に係る支援等に関する 事業を進める。とりわけ、(1)大学院生への(努力義務化)プレ FD として「教育改善スキル修得 オンラインプログラム」を全学に提供する(対面学習部分も学内者は無料で受講できる)ことに対する支援、(2)新任・転任教員等教育研修会への講師派遣を継続し、また求めに応じて各部局 での研修会・検討会への講師派遣を行うこと、並びに(3)学生の学修支援につながるMoodle上での効果的な教材作成方法の実例を取り上げた講演会を、「eラーニング推進室」と連携して初級編から上級編まで各種実施するとともに、オンラインでも同内容をいつでも受講できるようにするための事業を進める。

 

学内の連携の図

 

担当教員
インストラクショナルデザイン研究部門の3教員が兼担する。
教授  鈴木克明
准教授 平岡斉士
准教授 合田美子