大石 奨(おおいしすすむ)

社会人教育に携わりながら感じるのは、教育の時間を設けることがノルマであり、最終的な学びからの産物に着目されていないことである。医学部大学院にてID入門講座を受け持ったが、受講者からはこれまでゴールの視点や成果を意識することがなかったとの感想を得た。また、多くの医療従事者と接して、医療資格とIDの融合がとても相性の良いものであると認識できた。医療は患者の生命に直結する仕事であるため、教育を限られた時間内に効果的かつ魅力的に成果へ結び付ける研究を進めていきたい。