喜多敏博教授が【第41回:大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」】に登壇しました

教授システム学研究センターのセンター長であり、教授システム学専攻の専任教員である喜多敏博教授が【第41回:10月8日(金)開催】 大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」に、以下のテーマで登壇ししました。

GSIS(大学院教授システム学専攻)で養成するeラーニング 専門家:IDer, LTist
喜多 敏博 熊本大学 教授システム学研究センター長・教授

国立情報学研究所:大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」

当日発表で利用したスライドおよび動画は、上記リンク先に掲載されています。

喜多敏博教授が【第41回:大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」】に登壇しました

 
   

熊本大学大学院 教授システム学専攻同窓会主催「第52回まなばナイトコロナ禍での遠隔授業、IDerとしての取り組み・後悔・これから」が開催されます

教授システム学専攻の同窓会では、教育改善に役立つ情報を発信するイベント「まなばナイト」を開催しています。
10月23日(土)に「第52回まなばナイトコロナ禍での遠隔授業、IDerとしての取り組み・後悔・これから」が以下のプログラムで開催されますので、興味がある方は以下のページで詳細をご確認の上、お申し込みください。

第52回 まなばナイト@オンライン
https://www.manabanight.com/event/manabanight52

【日時】
2021年10月23日(土)午後5時~午後7時30分
Zoom待機室入場時間 16:45~
まなばナイト 17:00~19:30

【プログラム】
—セッション1—
◎話題提供
■森田淳子さん (博士前期7期生)
東京工業大学リベラルアーツ研究教育院 准教授

■米山あかねさん(博士前期4期生)
サイバー大学IT総合学部

■宮下伊吉さん (博士前期2期生)
三重大学高等教育デザイン・推進機構アドミッションセンター准教授

—セッション2—

◎グループワーク(Zoomブレイクアウト)

—クロージング—
熊本大学大学院 教授システム学専攻 教授 鈴木 克明先生

HEIJ主催:第6回大学教育イノベーションフォーラム「若手からみた大学教育とFD・SDの未来」のご案内-10月22日(金)開催

下記の通り、HEIJ事務局よりフォーラム開催のご連絡がありましたので、お知らせいたします。

 

大学教育イノベーション日本
加盟組織関係者のみなさまへ

お世話になっております。HEIJ事務局(名古屋大学高等教育研究センター)の藤井利紀です。

今回のメールでは、HEIJのフォーラムについてご連絡させていただきます。

下記のとおり、第6回大学教育イノベーションフォーラム「若手からみた大学教育とFD・SDの未来」を開催いたします。
詳細は、HEIJホームページのニュース欄から、ご確認ください。
https://www.heij.jp/news/611

タイトル:第6回大学教育イノベーションフォーラム「若手からみた大学教育とFD・SDの未来」
日時:2021年10月22日(金)13:00-15:55
開催形態:Zoomによるウェビナー
定員:200名(先着順)
参加費:無料

参加登録は、下記の申し込みフォームから行うことができます。
https://forms.gle/zzidBbLMheHM1W8u9

どうぞよろしくお願いいたします。

喜多敏博教授が【第41回:10月8日(金)開催】 大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」に登壇します

教授システム学研究センターのセンター長であり、教授システム学専攻の専任教員である喜多敏博教授が【第41回:10月8日(金)開催】 大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」に、以下のテーマで登壇します。

GSIS(大学院教授システム学専攻)で養成するeラーニング 専門家:IDer, LTist
喜多 敏博 熊本大学 教授システム学研究センター長・教授

参加を希望される方は、以下の国立情報学研究所のページからお申し込みください。

国立情報学研究所:大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」

鈴木克明教授が【第40回】 大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」に登壇しました

教授システム学研究センターの鈴木克明教授が、9月17日に開催された以下のシンポジウムに登壇し、「コロナ以降の高等教育デザイン:何を目指して何を残し何を始めるのか」という内容で発表しました。

【第40回】 大学等におけるオンライン教育とデジタル変革に関するサイバーシンポジウム「教育機関DXシンポ」

当日発表で利用したスライドおよび動画は、上記リンク先に掲載されています。

【2021年9月4日開催】第1回 教授システム学研究センター研究会のご案内

熊本大学 教授システム学研究センター (RCiS) では、テクノロジーを活用した効果的・効率的・魅力的な教育についての様々な研究をおこなっています。RCiSでの研究成果を学内外に広く共有することを目的として、この度「教授システム学研究センター研究会」を開催します。

第1回研究会での特別講演として、ゲーム学習論の第一人者である東京大学大学院情報学環の藤本徹 准教授をお迎えし、教育を目的とするゲーミフィケーションとそれに関連するデジタルテクノロジーについてご講演いただきます。

特別講演に引き続き、ラーニングテクノロジーに関するワークショプを開催します。RCiSのメンバーが担当する大学院「熊本大学 大学院 教授システム学専攻 (GSIS)」 は、国立大学では珍しく完全オンラインで修士号が取得できる大学院です。教授システム学専攻では、来年度から、ラーニングテクノロジー (LT) の実践的な活用方法を学ぶトラック(LTトラック)が追加された新たなカリキュラムが始まります。

本研究会での2つのLTワークショップは、LTトラックの内容の一部を無料で広く公開するものです。

LTワークショップ(1)「サポートベクターマシンでのデータ分析基礎」は、機械学習の入門者向けのワークショップです。数学的内容は含まず,機械学習のライブラリである Scikit-learn を Google colaboratory 上で動かしながら、サポートベクターマシンでできそうなことは何かを考えます。 

LTワークショップ(2) 「音声アシスタントの教育利用」では、スマートスピーカーやスマートフォンの音声アシスタント機能にインストールできる、学習や教育に役立つ音声アプリ(スキル)の事例を紹介し、音声アプリを独自開発する方法についても説明します。

 

日時: 2021年 9月4日(土)  13:30 – 16:30

場所:熊本城ホール 3階 中会議室B1 (熊本県在住者のみ) およびオンライン (Zoom)
(感染状況等により会場参加受け入れを中止しオンラインのみでの開催に移行する可能性, 会場参加受け入れの範囲を変更する可能性があります) 

参加費: 無料

参加申込URL  https://forms.gle/CAjr5cGDoR18xSHx7

参加申込締切:2021年9月1日(水)

プログラム(予定):

13:30 – 13:40  冒頭説明

13:40 – 14:30  特別講演「ゲーミフィケーションとデジタルテクノロジー」
藤本 徹 (東京大学 大学院情報学環 准教授)

14:30 – 14:40  休憩

14:40 – 15:20  LTワークショップ(1) 「サポートベクターマシンでのデータ分析基礎」
久保田 真一郎(熊本大学 教授システム学研究センター 准教授)

15:20 – 15:30  質問対応・休憩

15:30 – 16:10  LTワークショップ(2) 「音声アシスタントの教育利用」
喜多 敏博(教授システム学研究センター長・教授)

16:10 – 16:30  質問対応・閉会

 

[本研究会に関する問い合わせ先]

hitokuma@gsis.kumamoto-u.ac.jp

2021年度 熊本大学公開講座「インストラクショナルデザイン入門編/応用編」の申込を開始しました

2021年度 熊本大学公開講座「インストラクショナルデザイン入門編/応用編」の申込受付中です。

今年度は新型コロナの影響を考慮して昨年度に引き続き対面講座は中止とし、Zoomによる同期型のオンライン研修とします。またご要望の多かった平日にも開催いたします。

詳細、申込みについては、以下のサイトをご覧ください。
http://www.cps.kumamoto-u.ac.jp/syogaigakushu/koukai/id/


対象:参加対象者:教育に関するお悩みを持っている方

開催日時:
入門編:2021年9月11日(土)、9月18日(土)、10月1日(金)、10月5日(火)、11月3日(水・祝)(各回10時~16時30分)
応用編:2021年12月17日(金)、12月21日(火)、2022年1月22日(土)(各回10時~16時30分)

入門編の5回、応用編の3回は、いずれも同じ内容ですので、ご都合の良い日程でお申し込みください。応用編は入門編を修了された方が受講可能です。

会場:オンライン
プログラム:ウェブサイトを参照してください
参加費:7,500円
お問い合わせ先:extension(at)rcis.kumamoto-u.ac.jp ※ (at) は @ に置き換えて下さい

RCiSセミナー開催報告【動画を公開しました】 「プレFD:大学教員をめざすみなさんへのエール」2021年7月24日開催

  • 2021年7月24日に熊本大学教授システム学研究センター主催のRCiSセミナー「プレFD:大学教員をめざすみなさんへのエール」を開催しました。のべ100人を超える方にご参加いただきました。約半数は、熊本大学の大学院生、ポストドクター、若手研究員、教員で、約半数は学外からからの参加でした。
  • 本セミナーでは、プレFDの現状と課題について、合田美子准教授より、国内外の状況を簡潔に紹介しました。続いて、「これからの大学教員へもとめられること」と題して、インストラクショナルデザイン(授業設計学)の第一人者の鈴木克明教授と本センター合田美子准教授が対談を行いました。事前および当日によせられた質問に回答しながら、大学を「学校」にしない、より自律した学習者を育成する、など次世代の高等教育について、キーワードが挙げられました。最後に、本センターが提供する、大学教員になるために身につけておいてほしいことが学べるプログラム「教育改善スキル修得オンラインプログラム(科目デザイン編, 自律学習編)」について紹介しました。
  • 詳しい内容は、以下より動画をご視聴ください。
  • 日時:2021年7月24日(土)13:00開始
    場所:オンライン(Zoom)
  • プログラム:
    13:00~13:10 センター長挨拶, 喜多敏博  動画1
    13:10~13:30 国内外のプレFDの現状と課題, 合田美子 動画1

    13:30~14:15 対談:これからの大学教員へもとめられること, 鈴木克明×合田美子  動画2

    14:15~14:25 「教育改善スキル修得オンラインプログラム」へのご案内, 山下藍 動画3

    14:25~14:30 閉会の辞, 喜多敏博  動画4

RCiSセミナー 「プレFD:大学教員をめざすみなさんへのエール」2021年7月24日開催

熊本大学教授システム学研究センターでは、現役の大学教員、そして、これから大学教員を目指す大学院生を対象に、授業を受講する学生さんの学びを深くするために、学修者中心、学修者本位の教授法について、様々な形で伝えてきました。本セミナーでは、「これからの大学教員へもとめられること」と題して、インストラクショナルデザイン(授業設計学)の第一人者の鈴木克明教授と本センター合田美子准教授が対談を行います。事前に、みなさんからの質問を受け付けます。どんな質問でも構いません。可能な限り、質問などに回答しながら、これからの大学、教員、そして、学生について、みなさんと一緒に考えていければと思います。また、本センターが提供する、大学教員になるために身につけておいてほしいことが学べるプログラム「教育改善スキル修得オンラインプログラム(科目デザイン編, 自律学習編)*1」についても紹介します。また、セミナーの内容がより分かるようになるので、参考資料*2を事前に読まれて参加されることを推奨します。

 

日時:2021年7月24日(土)13:00開始
場所:オンライン(Zoom)※お申込みいただいた方へ情報をお知らせいたします。

プログラム:
13:00~13:10 センター長挨拶, 喜多敏博
13:10~13:30 国内外のプレFDの現状と課題, 合田美子
13:30~14:15 対談:これからの大学教員へもとめられること, 鈴木克明×合田美子
14:15~14:25 「教育改善スキル修得オンラインプログラム」へのご案内, 山下藍
14:25~14:30 閉会の辞, 喜多敏博

  • セミナーへはこちらからお申し込みください。
  • 事前の質問はこちらから提出してください。
  • 本セミナーに関するお問い合わせは、kyoten@rcis.kumamoto-u.ac.jpへご連絡ください。

 

*1教育改善スキル修得オンラインプログラム:

熊本大学教授システム学研究センターは、2018年度に「教授システム学に基づく大学教員の教育実践 力開発拠点」として文部科学省教育関係大学間共同利用拠点としての認定を受けました。日本全国の大学教員と大学院生を対象として提供するオンラインプログラムの一環として構想した「教育改善スキル修得オンラインプログラム」の第一弾「科目デザイン編」を2019年より無料版と有料版、両方の提供を、第二弾「自律学習支援編」を2020年より無料版の提供を開始しており、2021年より有料版の提供が開始されます。オンライン大学院「教授システム学専攻」での教育実践とその背景にある教授設計学(インストラクショナルデザイン)を背景に、これまでの多くの大学における教職員職能育成プログラム(FD)が現在の大学での職能を発揮することに留まっていると考えられる限界を意識し、現状への適応ではなく次世代の大学を構築していく教員になる準備と位置づけた挑戦的な内容にしました。是非、ご活用ください。

本プログラムに関するお問い合わせは、熊本大学教授システム学研究センター教育関係共同利用拠点事務局よりお願いします。

連絡先:kyoten@rcis.kumamoto-u.ac.jp

有料版では、各モジュールの修了判定課題を受験でき、添削を受けることができます。各モジュールならびにプログラムを修了すると、修了証明書およびデジタルバッジを取得でき、全モジュールおよび振り返りを修了すると熊本大学から学校教育法に基づいた履修証明を取得できます。

無料版でも全ての学習コンテンツの閲覧と練習問題の受験が可能です。まずは無料でアカウントを作成し、無料ユーザーとして学習を進めてみても構いません。

本センターでは科目デザイン編有料版を年2回提供しており、自律学習支援編に関しては、2021年度より第1期の募集を開始します。大学や学部等の単位で有料版での内容の実施をご希望の場合はご相談ください。

 

*2参考資料:

・鈴木克明・喜多敏博・平岡斉士・長岡千香子・山下藍・張暁紅 (2020.9) 教育改善スキル修得オンラインプログラム第二弾「自律学習支援編」の構想. 第45回教育システム情報学会全国大会(静岡大学)発表論文集,51-52.

・鈴木克明・喜多敏博・平岡斉士・長岡千香子(2019.9) 教育改善スキル修得オンラインプログラム(科目デザイン編)の構想と無料版・有料版の公開.第44回教育システム情報学会全国大会(静岡大学)発表論文集, 425-426.

熊本大学 教授システム学研究センター 国際ウェビナー2021(5月29日)RCiS International Webinar (May 29, 2021)

教授システム学研究センター 国際ウェビナー

テーマ [Theme]:Technology-Enhanced Language Learning: Challenges and Opportunities(テクノロジーで強化された言語学習:課題と機会)

教授システム学研究センターでは,デジタルテクノロジーを用いた英語教育についてのオンラインセミナーを開催致します。セミナーは英語で行われます。多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日時 [Date]:2021年5月29日(土) 10:30 – 12:30 [10:30am to 12:30 am, May 29, 2021 (JST)]

講演者:Dr. Yoshiko Goda (熊本大学 教授システム学研究センター 准教授) , Dr Willy Renandya  (シンガポール National Institute of Education, Nanyang Technological University 教員), Dr Fei Victor Lim (シンガポール National Institute of Education, Nanyang Technological University 准教授)

場所 [Venue]:オンライン [Online] (Zoom)

内容 [Outline]:

This webinar explores the implications of the “digital turn” on the teaching of languages, particularly English. Advancements in digital technologies offer many opportunities to improve the teaching and learning of languages. Digital technologies invite teachers to rethink their pedagogies and explore alternative ways in which to design students’ learning experiences. We discuss the opportunities offered by and the challenges of technology-enhanced language learning across three talks.

In the first talk, Dr. Yoshiko Goda will discuss ways to integrate theory, practice, and technology for the effective use of technology for language learning. She will share case studies that bridge self-regulated learning and computer-supported collaborative learning, which enabled both student input and output to contribute to develop language proficiency.

In the second talk, Dr Fei Victor Lim will present on ‘Designing Learning with Technology’. He will share the considerations in using digital technologies well for learning by reflecting on the possibilities they bring for knowledge representations and how they shape the pedagogic interactions between teachers and students.

In the final talk, Dr Willy Renandya will discuss key language learning principles and explore how these principles can be productively applied to enrich students’ language learning experience in technologically-mediated lessons. When students are engaged in this way, they can be expected to acquire more language and further develop their language proficiency.

講演者略歴はこちら[About Presenters]

参加申込はこちら [Registration]

セミナーはZoomを用いて行われます.Zoomアプリを最新版にして参加してください.
最新版へのアップデート方法はこちら