博士後期

博士後期課程は教授システム学分野における研究能力を育成するため、必修科目(4科目)と選択科目(教育学領域4科目から1科目以上必修、情報学領域4科目から1科目以上必修)の合計12科目からなる多彩な科目で構成されます。

分野
科目名

選択/

必修

1年
2年
3年
前期
後期
前期
後期
前期
後期
社会科学的研究方法(教育学領域)
量的研究法演習

選択

(A)

 
 
 
質的研究法演習  
 
 
教授システム設計研究論演習
 
 
 
教育政策・戦略研究論演習  
 
 
情報学的研究方法(情報学領域)
コンテンツ開発研究法演習

選択

(B)

 
 
 
学習支援システム開発研究法演習  
 
 
コンテンツ評価研究論演習
 
 
 
マルチメディア利用研究論演習  
 
 
共通
教授システム学研究総論
必修
         

研究

指導

総合演習
       
特別研究Ⅰ    
   
特別研究Ⅱ        

開講時期凡例

●: 必修科目 ◎: 選択科目(この時期の履修を推奨するもの) ○: 選択科目(この時期の履修も可能なもの)

*選択(A)、(B)からそれぞれ1科目以上を履修する。

社会科学的研究方法(教育学領域)

量的研究法演習

シラバス

社会科学分野の研究手法として、教授システム学の研究事例に即して量的にデータを扱う研究法の基礎を学ぶ。統計的手法(パラメトリック及びノンパラメトリックを含む)をいつどのように用いるのか、実験計画法(準実験法を含む)の長所と短所などを扱う。量的研究法を用いた研究事例を見たとき、統計手法及び実験計画の妥当性が判断できるようになることを目指す。

オムニバス方式

全15回

鈴木 克明久保田 真一郎/7回

統計的手法の基礎知識と研究事例における妥当性の検討を主に担当する。

芝崎 順司/8回

実験計画法の基礎知識と研究事例における妥当性の検討を中心に担当する。

 

質的研究法演習

シラバス2014

社会科学分野の研究手法として、教授システム学の研究事例に即して質的にデータを扱う研究法の基礎を学ぶ。観察・面接・フィールドワークなどの質的研究法の実際、グラウンデッドセオリー・エスノメソドロジーなどとその背景にある構成主義的・学習科学的アプローチ、質的分析ツールの演習などを扱う。質的研究法を用いた研究事例を見たとき、分析手法の選択及び研究手続きの妥当性が判断できるようになることを目指す。
 

加藤 浩根本 淳子(コーディネター:松葉 龍一)15回

 

教授システム設計研究論演習

シラバス

自らの研究計画案の立案に資するため、教授システム設計手法・モデル・理論の研究動向を踏まえて、様々な研究実例に関する比較検討を演習する。とくに、情報通信技術を応用した教育実践、学習者中心設計、自己管理学習を指向したインストラクショナルデザインモデルなどを中心に扱う。内外の研究事例を参照しながら、研究知見を整理する方法、教育実践から研究課題を抽出する方法、研究計画の独創性を高める方法などを学ぶ。ある研究テーマについて、先行研究のレビューを行い、それを独自の研究計画案作成に活かすスキルの習得を目指す。

オムニバス方式

全15回

鈴木 克明根本 淳子/15回

教授システム設計手法・モデル・理論の研究動向の紹介を主に担当する。

 

教育政策・戦略研究論演習

シラバス2014

自らの研究計画案の立案に資するため、教育システムレベル及び教育機関レベルでeラーニングの在り方を規定する制度的・組織的諸要因の研究動向を踏まえて、様々な研究実例に関する比較検討を演習する。特に、教育実践を取り巻く政策環境、グローバル化を含む教育市場の動向、機関のポリシーや戦略、システム・機関両レベルでの質保証、マネジメント等を中心に扱う。内外の研究事例を参照しながら、研究知見を整理する方法、教育実践から研究課題を抽出する方法、研究計画の独創性を高める方法などを学ぶ。ある研究テーマについて、先行研究のレビューを行い、それを独自の研究計画案作成に活かすスキルの習得を目指す。

オムニバス方式

全15回

渡邊 あや/15回

 

情報学的研究方法(情報学領域)

コンテンツ開発研究法演習

シラバス

eラーニングコンテンツを単なる「教材」という枠にとどめず、より広く総合的にとらえることで、効果的な教育の企画・設計・実装に関する知識やスキル、研究手法を学ぶ。

eラーニングコンテンツの目標、形態・構造、リソースに応じて、最適な開発法(コンセプト、プロセス、技術、リソース調達)を検討、選択、立案できることを目指す。コンテンツ開発に関わるサンプルケースを、教育方法論的、情報通信技術的、マネジメント論的な観点から分析をおこない、その妥当性を判断・議論することを経て、サンプルケースの発展や応用を提案する。

オムニバス方式

全15回

 

学習支援システム開発研究法演習

シラバス2014

工学分野の研究手法として、教授システム学の研究事例に即して学習支援システム開発の視点から研究法の基礎を学ぶ。学習支援システムの機能的分類と、機能毎の実装方法及びその開発環境、システム間連携と標準化などを扱う。学習支援システム開発に関する研究事例を見たとき、用いられている開発手法の妥当性が判断できるようになることを目指す。

オムニバス方式

全15回

喜多 敏博/7回

学習支援システム開発における実装方法及びその開発環境に関する基礎知識と研究事例における妥当性の検討を主に担当する。

中野 裕司/8回

学習支援システム開発におけるシステム間連携と標準化に関する基礎知識と研究事例における妥当性の検討を主に担当する。

 

コンテンツ評価研究論演習

シラバス

自らの研究計画案の立案に資するため、コンテンツ評価手法・理論等の研究動向を踏まえて、様々な研究実例に関する比較検討を演習する。とくに、情報通信技術を活用した教育活動履歴からの評価データ取得方法、アンケート等学習者からの評価データ取得方法、データ解析の理論などを中心に扱う。内外の研究事例を参照しながら、研究知見を整理する方法、教育実践から研究課題を抽出する方法、研究計画の独創性を高める方法などを学ぶ。ある研究テーマについて、先行研究のレビューを行い、それを独自の研究計画案作成に活かすスキルの習得を目指す。

オムニバス方式

全15回

中野 裕司/2回

コンテンツ評価手法・理論等の研究動向の紹介を主に担当する。

根本 淳子/6回

コンテンツ評価手法・理論の研究動向に関する事例を通じ、評価に関する研究のフレームワーク作りについて検討する。

合田 美子/7回

eラーニングプロジェクトの研究実例に関して、評価指標と評価方法の設計と収集、数量的なデータを用いた分析方法などを中心に担当する。

 

マルチメディア利用研究論演習

シラバス2014

自らの研究計画案の立案に資するため、マルチメディアの分類と活用手法・知的財産として法的権利、義務等の研究動向を踏まえて、様々な研究実例に関する比較検討を演習する。とくに、ネットワーク通信帯域や映像・音声等のデータ圧縮手法、インターネット上の国際的な知的財産権などを中心に扱う。内外の研究事例を参照しながら、研究知見を整理する方法、教育実践から研究課題を抽出する方法、研究計画の独創性を高める方法などを学ぶ。ある研究テーマについて、先行研究のレビューを行い、それを独自の研究計画案作成に活かすスキルの習得を目指す。

オムニバス方式

全15回

宇佐川 毅/7回

マルチメディアの分類と活用手法の研究動向の紹介と、関連する様々な研究実例に関する比較検討の演習を主に担当する。

戸田 真志/8回

知的財産として法的権利、義務等の研究動向の紹介と、関連する様々な研究実例に関する比較検討の演習を主に担当する。

 

共通

教授システム学研究総論

シラバス

本科目では、教授システム学分野における研究動向の全体像を俯瞰できるよう、各専任教員が専門性を持つテーマごとに研究動向を概観する。教授システム学関係領域における広範な研究動向をカバーし、これらの研究動向に対する幅広い関心と視野の上に立って、自ら専門的な研究を遂行できるようになる基礎の涵養を目指す。各担当教員は、授業の中で教授システム学分野全体における当該担当テーマの位置付けや意義の明確化を図ることとし、学生が自らの研究の位置付けや意義を認識しながら研究する能力を身につけられるようにする。

オムニバス方式

全15回

鈴木 克明/2回

インストラクショナルデザイン理論と高等教育を中心としたeラーニング等による教育実践に関する研究のこれまでの歴史と現状について示す。

根本 淳子/2回

学習者主体の学びを中心にした教育工学研究の研究事例と動向について示す。

松葉 龍一/2回

情報通信技術を活用したeラーニング・コンテンツの開発手法に関する研究及びコンテンツを用いた実践・評価に関する研究の歴史と現状について示す。

合田 美子/2回

教育研究のトレンドを、研究方法とデータ分析の傾向から概観することを目指す。また、学び方の個人差を考えるために学習スタイル研究について担当する。

中野 裕司/2回

情報コミュニケーション技術を活用した学習支援環境に関して、その学習管理、アセスメント、各種オンラインコミュニケーションの機能に関する開発や実装研究の歴史と現状について示す。

喜多 敏博/2回

eラーニング関連オープンソースシステムに関し、そのシステム開発研究としてだけでなく、コミュニティ形成、マネジメント、コンセプト等も含めて歴史と現状について示す。

江川 良裕/1回

経営学、特にマーケティング的な視点から個人および組織の教育を捉え直すことを目指す。また、テクノロジー・マーケティング的な視点でIT活用型の学習ツールや教育手法を検討する。

戸田 真志/1回

情報通信技術を活用した学習支援の実践・評価に関して、概要やその動向について示す。

都竹 茂樹/1回

eラーニング学習管理システム(LMS:Learning management system)を活用した行動変容支援に関する現状と課題について示す。

 

研究指導

 

総合演習

シラバス

学生ごとに指導担当教員を定め、最新の理論成果や実践的課題を素材としながら、研究関心に応じた適切な研究計画を作成する演習を行うとともに、他の学生や教員と一緒に集団的に研究計画案・研究経過を発表・討論し合い、個別研究指導と協調学習の組合せで研究計画を具体化し、その質を高めていく。協調学習の最終回においては、各自作成した研究計画書に基づき、進捗を総括するとともに、研究計画に沿った次のステップを確認する。この科目修了時には、目的・意義と方法論の明確な研究計画がほぼ固まる。

 

 

鈴木 克明

eラーニングが組み入れられた高等教育等の実践例を調査し、インストラクショナルデザイン理論の適用研究を、ケーススタディや文献講読、フィールドワーク等を通じて行なう。これらの過程を通して、インストラクショナルデザイン理論の知見とeラーニング実践の現状を踏まえた研究計画を策定する。

中野 裕司

情報コミュニケーション技術を用いた学習支援環境及び関連分野に関する先進的な研究・実践例等を広く情報収集し、現在のこの分野の状況の全体像を把握するとともに、トレンドだけでなく、問題点、不足部分、未実現部分等を自分なりにまとめる。

喜多 敏博

学習支援システムやeラーニング関連のシステムに関する最新の研究動向を調査し,問題意識を高めるとともに,オープンソースの種々のシステムの機能について調査および比較検討する。

都竹 茂樹

eラーニングを活用した行動変容の支援法の研究動向を、文献、フィールドワークを通じて調査する。これら先行研究をインストラクショナルデザインの観点から分析・検討し、研究計画を策定する。

松葉 龍一

インストラクショナル・デザインに則ったコンテンツ開発の手法研究、理論モデルの調査実習を行い、それぞれの研究視点と理論モデルの利点と、特に不備な点を明らかにすることにより、インストラクショナル・デザインに則ったコンテンツ開発における知見を養う。コンテンツ開発に関係するデータの分析力を養うべく、可視化プログラミング等を実習し、データ解析の手法の習得とデータ解析に必要な様々な知見を修得する。

江川 良裕

民間セクター及び官民連携におけるeラーニングについて、マネジメント的視点(コンサルティング、プランニング及び組織内コミュニケーションを含む)から行われた先行研究や実践事例のレビューを行い、研究関心に応じた研究課題の検討を進め、先行研究を踏まえた理論的・概念的枠組みの上に立つ研究計画を作成するよう、研究指導を行う。

合田 美子

eラーニングの実践例を調査し、学習者主体の学習を提供するための課題や問題点を抽出し、インストラクショナルデザインや教育心理学、教育工学などの理論から解決策を模索するための研究を、ケーススタディや文献購読、フィールドワーク等を通じて行う。これらの過程を通して、eラーニングの知見、分析力、問題解決能力を修得する。

戸田 真志

情報メディア技術を利活用した学びの支援等に関する既存の研究、開発、実践事例を幅広く調査し、当該分野の現況を正確且つ緻密に把握するのと同時に、それらの整理と検討を通じて、現在未解決の課題を抽出し、学位論文に足る研究計画の策定を行う。

根本 淳子

eラーニングが組み入れられた高等教育・企業内教育等の実践例を調査し、インストラクショナルデザイン理論の適用研究を、ケーススタディや文献購読、フィールドワーク等を通じて行う。これらの過程を通して、インストラクショナルデザイン理論の知見とeラーニング実践の現状を踏まえた研究計画を策定する。

 

特別研究Ⅰ

シラバス

この講義は、修士論文(または特定課題研究)を進めるための基礎を培うものです。ゴールは、自分が取り組む研究についてのアイディアを「研究者らしく」まとめ、指導を希望する教員に「おもしろい。これは私が引き受けましょう」と言ってもらうことです。この講義に続く「特別研究 II」では、交渉が成立した教員からの個別指導を中心に1年間にわたって受けながら、修士履修生としての研究の集大成をまとめることになります。
まずは、「研究者らしく」アイディアをまとめる方法についての基礎を身につけましょう。次に、各教員がどのような研究に興味を持っているかについての情報を収集します。それを参考に、最後には自分が取り組みたい研究計画をまとめて、希望する教員に見てもらいましょう。

 

 

鈴木 克明

高等教育等におけるeラーニングの問題点を取り上げ、学習者のレベルやニーズ分析、サポート体制、コンテンツ開発、学習管理、アセスメント等、各自受講者の興味に応じた課題について、文献検索、調査の企画、実施、データ収集・解析、結果の分析および考察を行ない、博士論文の骨格の一つとなる研究を実施し、その成果と課題をまとめる。

中野 裕司

情報コミュニケーション技術を活用した学習支援環境の研究分野に関し、情報収集を行い博士論文足りうる新規性・有用性を持った研究テーマを考え、その分野の研鑽を深めながらさらにブラッシュアップしていく。開発的、実験的手法を用いて研究を進め、具体的なシステム設計、プロトタイプの試作、実験データ収集を行い、得られた成果を学会、学術雑誌、国際会議などで逐次発表する。

喜多 敏博

学習支援システムやeラーニング関連のシステムまたは,既存システムを補完するシステムの設計を行い,プロトタイプを試作する。得られた成果を国際学会などで発表する。

都竹 茂樹

eラーニングの課題を取り上げ、学習者の支援、学習管理(LMS)、ARCSモデルなどを活用した改善策を検証し、博士論文の骨格のひとつとなる研究を実施し、その成果と課題をまとめる。

松葉 龍一

インストラクショナル・デザインに則ったコンテンツ開発手法に従い制作された教材を用いた教育実践研究事例報告に示された様々なデータを可視化プログラミング等の情報通信技術を利用した方法を用いてデータ解析を行う。解析結果を踏まえて、当該事例の改善点を指摘するなど、新しいコンテンツ開発手法研究の開発に向け独自の研究計画案作成に活かす知見と分析力を修得する。合わせて、研究のデザイン、論文作成のプロセスや手法も習得する。

江川 良裕

民間セクター及び官民連携におけるeラーニングに関するマネジメント的な研究領域において、研究計画に沿って、インタビュー及び資料収集を通じた事例調査等の実証的研究を進め、調査等の結果分析及びそれに基づく理論的考察を含む論文草稿を執筆するよう、研究指導を行う。草稿段階で研究の要旨について学会発表を行わせ、研究の質を向上させるのに役立てるとともに、研究者としてのスキルを身に付けさせる一助とする。

合田 美子

eラーニングの問題点を取り上げ、学習者のレベルやニーズ分析、サポート体制、コンテンツ開発、学習管理、アセスメント等、各自受講者の興味に応じた課題について、文献検索、調査の企画、実地、データ収集・解析、結果の分析および考察を行い、研究デザイン、論文作成のプロセスや手法について学ぶ。

戸田 真志

情報メディア技術を利活用した学びの支援等に関する研究分野に関して、研究計画に沿って情報収集や検討、さらに具体的なプロトタイピングや実践を通じて、自身の研究の新規性、有用性の明確化を図る。さらに、他分野の技法等も積極的に取り入れつつ、拡張性、革新性についても検討を行う。得られた成果は、各種学会や学術雑誌等で公表し、研究のブラッシュアップを図る。

根本 淳子

eラーニングが組み入れられた高等教育・企業内教育等の問題を取り上げ、学習者のレベルやニーズ分析、サポート体制、コンテンツ開発、学習管理、アセスメント等、各自受講者の興味に応じた課題について、文献検索、調査の企画、実地、データ収集・解析、結果の分析および考察を行い、博士論文の骨格の一つとなる研究を実施し、その成果と課題をまとめる。

 

特別研究Ⅱ

シラバス

特別研究Iを通じてテーマを具体化させた修士論文の作成または特定課題研究の遂行に向けて担当教員による指導のもと研究を進める。特別研究I・IIを通じた過程で、eラーニングの専門家として自立するための基盤的能力の習得とその活用法について体系的に習得させるとともに、創造性・客観性・説得性を兼ね備えた学位論文又はリサーチ・ペーパーの完成をめざす科目。

 

 

鈴木 克明

高等教育等におけるeラーニング等の教育実践に関する個別の研究課題について、インストラクショナルデザイン理論の観点から的確な論理展開であるか、両方の領域において目新しさやオリジナリティがあるかに注意しながら、指導教員や学生相互のレビューを通じて学位論文を完成する。

中野 裕司

特別研究Iで決めた情報コミュニケーション技術を活用した学習支援環境に関する研究テーマに従い、研究を深化させていく。開発的、実験的手法を用いて研究を進め、学位論文として十分なレベルまで引き上げると同時に、得られた成果を学会、学術雑誌、国際会議などで逐次発表する。

喜多 敏博

学習支援システムやeラーニング関連のシステムまたは,既存システムを補完するシステムを開発しオープンソースシステムとして一般に公開する。それにより得られた知見や成果を国際学会などで発表する。

都竹 茂樹

個別の研究課題について、オリジナリティのある研究か、またインストラクショナル・デザインの観点から的確の論理展開がされているかに注意しながら、指導教員や学生相互のレビューを通じて学位論文を完成する。

松葉 龍一

個別の研究課題を再検討し、コンテンツ開発手法研究の分野におけるの独創性の高い開発モデルの試作や、既存のモデルの改良を実践する。必要に応じてシステム開発にも着手し、指導教員や学生間での相互議論を通して学位論文を完成させる。

江川 良裕

民間セクター及び官民連携におけるeラーニングに関するマネジメント的な研究領域において、研究計画の最終段階として、研究の目的・意義、先行研究レビュー、研究方法、調査等の設計、調査等の結果分析、研究成果と残された課題等を含む博士論文を完成するよう、研究指導を行う。論文のエッセンスを学術雑誌等に投稿させ、研究者としての独り立ちにつなげる。

合田 美子

個別の研究課題について、インストラクショナルデザイン理論やコミュニケーション論、学習科学、教育心理学、社会心理学、教育工学などの観点から的確の論理展開であるか、両方の領域において目新しさやオリジナリティがあるかに注意しながら、指導教員や学生相互のレビューを通じて学位論文を完成する。

 

戸田 真志

設定した個別の研究課題について、研究の深化を図る。論理の一貫性や先進性などを考慮しつつ、指導教員や学生相互間、また学会などでの議論を経て、「新しい研究分野を開拓できる」ような学位論文を完成させる。当該研究課題にて得られた知見や成果は、学術界のみならず展示会など、多様な分野への公表を行う。

根本 淳子

高等教育・企業内教育等におけるeラーニング等の教育実践に関する個別の研究課題について、インストラクショナルデザイン理論の観点から的確な論理展開であるか、両方の領域において目新しさやオリジナリティがあるかに注意しながら、指導教員や学生相互のレビューを通じて学位論文を完成する。

 

PAGETOP
お問い合わせ  |   サイトマップ
熊本大学大学院 社会文化科学研究科 教授システム学専攻
Copyright(c) KUMAMOTO UNIVERSITY. All right reserved